ギャリソン先生 (Mr. Herbert Garrison/Mrs. Janet Garrison) サウスパークの動画

FC2ブログ







ギャリソン先生 (Mr. Herbert Garrison/Mrs. Janet Garrison)



動画が読み込めない場合は、動画をクリックして別サイトにてご視聴ください。

リンク切れの場合はこちらでご視聴ください


本名はハーバート・ギャリソン。サウスパーク小学校の教師で、スタンたちの担任。本人曰く、専門は歴史である。カートマン以上の差別主義者で、生徒より自分の身を守る方を優先する。だがその大人っぽくない行動が良いのか、生徒の受けはいい。デンバー市民カレッジ卒で、機械工学修士号の保持者。
左利きで、右手には「ハット君」という人形(どう見ても人形だがギャリソン先生の手から独立して行動することもあり、マッケイと格闘して勝利したり車を運転してギャリソン先生を救出したこともある。)を第5シリーズまで着けていた(途中ハット君と痴話喧嘩し小枝君と名付けた枝をもって行動した)。
授業では芸能界の疑惑に関する話題を採り上げることが多く、まともな授業はほとんど行わない。当初はゲイの男性であり、そのせいで一時失職し、恋愛小説家(内容は官能小説)を経て、山篭りの後に幼稚園クラスの教師になるが、チョクソンディックの死後に復職。子供の頃に父親から性的いたずらをされなかった事が原因で、「自分は父から愛されていなかった」という思い込みを抱いていた。途中でゲイではなく、自身は性同一性障害であったことを自覚し、第9シーズン第1話Mr. Garrison's Fancy New Vaginaで、性転換手術を受けミセス・ギャリソンと名乗りはじめる(独身ではあるが)。摘出された睾丸は、バスケットの試合のために背の高い黒人になろうとしたカイルの膝に移植された。後に生理もこなければ妊娠も出来ない(子宮が無いため)ことに失望し、カイルの膝から睾丸を取り戻そうとするが、試合中カイルがジャンプした拍子に膝ごと粉砕され、再移植不能となった。その後は第11シーズンでレズビアンに転向するなど前向きであったが、第12シーズンでは全財産をはたいて幹細胞をマウスで培養して作りだしたペニスを購入、再び男性に戻った。再び男性に戻った後は今までの過激な行動がなりを潜め、幾分おとなしくなっている。


以上wikipediaより引用


にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

   
サウスパーク動画一覧
キャラクター紹介 | TB(-) | CM(-)

スポンサードリンク