シェフ (Jerome "Chef" McElroy) サウスパークの動画

FC2ブログ







シェフ (Jerome "Chef" McElroy)



動画が読み込めない場合は、動画をクリックして別サイトにてご視聴ください。

リンク切れの場合はこちらでご視聴ください


本名はジェローム・マッケロイ。町内では数少ない黒人男性の一人。学校の食堂で働く調理師。トレードマークはコック帽と髭面、恰幅の良い体格。両親はスコットランド在住。サウスパークでは数少ない常識ある大人であり、生徒(特に4人組)の言動が不適切であればキチンとそれを注意をし、また生徒から相談を持ち掛けられる事も多い。しかしそのアドバイスは、子供には少々分かりづらいアダルティーなものである事が多い。歌が得意だが、歌詞が卑猥なため、子供に意味が通じる事は少なく、ピー音連発のため視聴者に通じることも少ない。また校長からは難色を示されている。
元々は音楽業界とも繋がりをもっていた彼だが、約10年前にレストラン開業を夢見てサウスパークへ移住してきた。どういった経緯で、学食の調理師になったのかは不明。
並外れた女好きで、関係を持った女性(カートマンの親も含む)は多数。好色な一面がある一方、サウスパーク小のフットボール・クラブ、カウズのコーチを務め、黒人民権運動に賛同するなど、社会活動にも積極的に参加する良い「大人」でもある。その上、極端に過激な黒人運動に対しては距離を置くなど、人として適度なバランス感覚も併せ持つ。愛車は典型的なアメ車である。
第10シーズン第1話The Return Of Chefで、スーパーアドベンチャークラブに入会してしまい、成人女性よりも子供を愛するようになってしまう。更に、アクシデントによって谷底に落ち、クマやジャガーなどに襲われ命を落とす。その後、改造手術によって復活するが、ダース・ベイダーまがいの機械の鎧を身に付けた姿となってしまう。このThe Return Of Chefに関しては、背景に原語版声優のアイザック・ヘイズが信仰していた米国ではカルトと定義されているサイエントロジーという団体を巡っての、アイザック・ヘイズと制作者側との意見の対立があった。制作者側は彼が信仰しているサイエントロジーをしばしば侮辱的にアニメの中で扱ったため、彼はサウスパークの声優を辞する事を決意した。また彼の死後、誰が子供達に給食を作っているのかは不明である。


以上wikipediaより引用


にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

   
サウスパーク動画一覧
キャラクター紹介 | TB(-) | CM(-)

スポンサードリンク